野球を楽しもう

対福岡ソフトバンクホークス4~6回戦@北九州/ヤフオクドーム
Game 1 F5-7H ○千賀 ●谷元 Sサファテ
Game 2 F1-4H ○東浜 ●村田 Sサファテ
Game 3 F5-4H ○増井 ●森

Game 1、松本がまさかの1号3ランで、勝てるかも、と思ったのもつかの間、中田が見事に併殺で流れを切る。その直後、上林・甲斐の連打で失点。ここは1点で止まったものの、これは今日も負けるな、と思わざるを得ない展開でした。

高梨は、この日もカーブが決まらず、フォークで空振りが取れない今年の高梨。有原ともども、新人王の呪いが来ているんでしょうかね。そうは思いたくないですが。

8回に、井口を投入してやっぱりの失点。9回に得点したのはエラーがらみですし、他の投手を出して失点しなかった保証はないので、「井口を出さなければ同点!」とは言いたくありませんが、オープン戦からあれだけ打たれている投手を執念深く使い続けるのはいい加減にしてほしい。やっと落としましたが。

Game 2、なんで浦野じゃないのか、ともやもやを抱えながらの村田登板。初回に4点取られた後は抑えましたが、結局4回で降板。中田の軽率なプレーがなければ5回投げ切れていた可能性はあるとはいえ、4回で代えなくてはならない投手を先発させるなよ、と言いたくなります。

Game 3、やっぱり中田中心のチームなのね、という試合運びで、やっと連敗脱出。しかし宮西と増井が2失点ずつで、依然前途は多難。宮西が加藤の勝ち星を消すのは、今の苦境の原点となった4月5日のマリーンズ戦以来2回目です。あの時も二死から四球を出してドカンでした。もう、二死をとったら、次の打者が左とか考えずに代えましょうかね。「谷元も宮西も調子が悪いのに、なぜ石川じゃないんだ!」なんていう人もいるんですが、石川直也もビハインド時とリード時で明らかに投球が違うし、まして連敗ストップがかかったら余計に緊張するので、石川のほうがよかったというのは結果論。セットアッパーとして定着してほしいのはやまやまですがね。

一日置いて、札ドでイーグルス2連戦。首位を走り、4連勝中と好調のイーグルス、前回はビジターで4連敗を喫しましたが、今度はリベンジできるでしょうか。前カードでカープに勝ち越したスワローズのように、下位チームの意地を見せてほしいところですが。先発は有原-美馬、メンディ-岸でしょうか。先週登板回避した岸が投げるのかどうかですが、先週も投げて投げられないわけではなかったようですから、多分来るんでしょうね。メンディ対岸の相性の良さを、また発揮できるかどうか。

惨憺たる防御率の有原が、唯一先発の仕事をしたのが前回のイーグルス戦なので、期待したいですが、捕手は誰を使うのか。清水と組んだ時が一番よかったわけですが、清水も全く打てなくなってきているので、どうするかですね。

西川が10試合連続安打で、5試合連続複数出塁と調子を上げています。レアードも2試合連続弾と、少しはマシになってきた感がありますが、中田が決勝弾を機に一気に上がってきてくれるかどうか。中田の場合、日曜日にいい感じで打って、上昇気配かと思ったら火曜日にはダメダメ、ということがしばしばあります。試合のない今日がどのように影響するでしょうか。

中島の調子が上がってこないうちに、石井一成が落ちてきてしまいました。賢介もこの二人よりはマシという程度だし、大田は最初の内野安打だけでその後サッパリ。松本も2HRの後は2試合沈黙で、下位打線はまだまだ試行錯誤が続きそうですね。浅間は二軍で打率4割超ですが、必ず途中交代しているので、まだ万全ではないのかも。最近は二軍でセカンドを守っている高濱も好調ですが、セカンドの守備にはまだ慣れていないでしょうから一軍で使うのは不安ですね。横尾よりはマシじゃないかと思いますが。

二軍と言えば、斎藤が初回7失点と散々だったのに、マリーンズ戦で先発との記事が出ていました。村田を抹消していないので、多分ガセだと思いますが、栗山のやることですからわかりませんね。まあ、二軍の成績は必ずしも当てにならないし、斎藤が絶対ダメというわけではありませんが、ここまで防御率0.67という浦野を使わないのは謎です。今まで書いていたとおり、毎回ピンチを迎える投球が多くて、防御率から思わせるほど圧倒的な投球をしているわけではありませんが、結果を出しているのは事実なので、一度は上げてやってほしいんですがね。

依然として状況はよくありませんが、実は気分的にはそれほど辛くありません。昨年の9月は、優勝を決めるまでずっと、一日中胃がムカムカしていて、気分がよくありませんでした。最終的に勝ったので、ありがたかったし、一種いい経験ではありましたが、辛かったし、ひたすら勝敗ばかりが気になってしまって、観戦を楽しめませんでした。開き直りともいえますが、プレッシャーなく、野球観戦を純粋に楽しみたいと思います。ただ、連敗はせめて5くらいで止めてほしいですけどね(爆)。
スポンサーサイト

現実はネガ予想よりも悲惨

対埼玉西武ライオンズ4~6回戦@メットライフドーム
Game 1 F0-9L 〇菊池 ●上沢
Game 2 F1-9L 〇野上 ●有原
Game 3 F3-12L 〇武隈 ●メンドーサ


前回の記事の終わりに、ライオンズ戦3連敗の予想スコアを書いたのは、以前からやっていたネガティブ予想で、悪い予想を書いておけばそれより良くなるだろう、ということだったんですが、、、現実はそれを上回る悲惨さでしたね。3試合とも大敗とは。

ライオンズ相手には相性がよくないのでは、とみていた上沢ですが、ボール先行で半ば自滅の形で失点しまったのが残念。こんな結果では、次回の一軍登板はだいぶ先になってしまいそうです。

有原は、途中までよかったけど、やはり外崎相手に勝手に崩れた四球がきっかけで、結局は大量失点。3回の1点は、詰まった当たりばかりで、解説の石井丈裕も有原に同乗していましたけど、低めの変化球で空振りをとれず、ライオンズの各打者が崩されながらもなんとか外野へもっていったからこそのヒットで、不運ばかりでもありません。ファイターズの打者が、低めの変化球にも高めのストレートにもくるくる回って三振してしまうのと大違い。それにしても、ファイターズの打者はみんなストレートが打てませんね。菊池の150kmはともかく、野上あたりのストレートになぜ空振りを繰り返すのかよくわかりません。

Game 3、大田泰示のヘッドスライディングに、「そう、それだよ!」と膝を打ったファイターズファンは多いはず。そりゃ結果が出ないとはいえ、選手たちは一生懸命やっているんだろうけど、それが表に見えないから、単に負けているからでなく、試合を見ていてつまらない。そこで大田が執念を見せて、少し雰囲気が変わったかと思いましたが、短い命でした。6回に逆転されたときは、「松本が1回の2ベースで暴走しなければ」「中田が併殺に倒れなければ」「メンドーサを6回頭から代えていれば」といろいろタラレバを考えていましたが、宮西・谷元をつぎ込んで試合をぶち壊すとは、もうどうしたら勝てるのかわからない状態ですね。

とはいえ、登板間隔の開いていた谷元・宮西を投げさせたこと自体は間違っていない。石川直を除く勝ちパターンは、16日以降投げていないんですから、今日はスコアにかかわらず、6回から投入すべき、と思っていたんですが、増井は結局使わず。これでは増井の次回登板は、いよいよ怖くなりますよ。そして、井口はもういいでしょ?去年は42イニングで被本塁打6と、かなり多かったんですが、今年はオープン戦で7回2/3で3HR、レギュラーシーズンは5回で3HR。改善どころか大幅に悪化しています。ビハインドの中継ぎでもこれはない。

明かりが見えない中、明後日からは北九州/ヤフオクでのホークス戦。先発は高梨-千賀、浦野-東浜、加藤-バンデンハークでしょうか。Game 2のファイターズ先発が読めません。浦野は20日(木)のイースタンスワローズ戦に先発して5回無失点、26日に先発なら中5日になりますが、76球しか投げていないので問題ないでしょう。二軍での防御率は0.67と素晴らしいですが、ほぼ毎回走者を出してピンチをしのぎながらのピッチングです。それでも決定打を許さなければいい、という考え方もありますが、一軍でも同じようにできるのか。

他の投手は、村田が19日(水)にやはりイースタンで投げて5回2失点。4回まではパーフェクトも5回に一発を浴びた後満塁から犠牲フライでもう1失点。悪くはない内容ですが、やはり長いイニングを投げられそうにないので、もう少し修業が必要かと。斎藤は20日に浦野の後を受けて3イニング投げて1失点で可もなく不可もなく。立田は防御率9点台で、リリーフに回りました。中村勝は22日に今季初先発し、4回無失点でしたが、まだ復帰したばかりですし、吉田は23日に先発しました。後は二軍戦では投げていないエスコバー。やはり故障なのか?ということで、26日の先発候補は浦野、斎藤、村田というところでしょう。順当にいけば浦野でしょうが、栗山采配は不可解なことが多いので、やっぱりサイトーかもしれません。

野手のスタメンですが、五番大田、六番レアードでお願いしたいですね。大田の五番は荷が重いでしょうが、レアードの復活のために打順を下げたいですし、期待値を込めて。今日は賢介を下げてセカンド石井、ショート中島でしたが、セカンド賢介、ショート石井で中島を外すことも考えてほしい。四球を取るまで粘れない、今の中島では、いくら守備が良くてもスタメンの価値はありません。今後の調子にもよりますが、中島の肩ならショートよりもセカンドが良いので、石井をショートに定着させて、セカンドを賢介と中島で争う形でもよいと思います。

ホークスが勝てないジンクスの北九州と、去年相性のよかったヤフオクで、なんとか連敗を止めたいところですが、ライオンズ戦の結果からすると、勝つ以前に試合になってほしい、という感じですね。高梨が今度こそぴしゃりと抑えてくれますように。

テーマ : 北海道日本ハムファイターズ
ジャンル : スポーツ

どこまで続く

対オリックスバファローズ4~5回戦@静岡草薙、東京ドーム
Game 1 F1-3B ○ディクソン ●高梨 S平野
Game 2 F4-8B ○金子 ●加藤 S平野


完全に勝ち方を忘れてしまったファイターズ。2010年の3月~4月のようだ、と思っていましたが、それより深刻になってきました。2010年の3月~4月は10勝22敗。よく負けましたが、それでも勝率3割はありましたし、連敗も最大4連敗でした。やはりこの時は、ダルビッシュという切り札がいて、週に1度は高確率で勝てた、というのが大きい。今のファイターズには歯止めがありませんからね。

高梨はよく2点でしのぎましたが、前2試合と変わらず、球数が嵩みました。先週の吉田侑樹と同じように、カーブでカウントとれず、フォークで空振りをとれず、相手がストレートを打ち損じてくれるのを待つのみ、という投球では苦しい。さすがに吉田とは結果が違いますが、高梨-ディクソンのマッチアップで勝てないのでは、この連敗はいつまで続くことか。

敗戦もさることながら、昨年はちょっと納まっていた栗山の悪癖が、またぞろ出てきたのが気がかり。勝ちパターンの次に信頼する投手を、リードしていてもビハインドでも使い倒す傾向です。これで潰されたのが森内と矢貫で、谷元もつぶれないまでも一時よりは信頼性が落ちる投手になってしまいました。今年の犠牲者は鍵谷。チーム17試合で11試合登板って、明らかに過多でしょ?しかも5回に先発の後を受けて出てきたり、延長で投げたり、起用法がバラバラ。それだけブルペンで長く準備しなくてはならず、負担がかかります。一時は石川直也も酷使気味だったんですが、セットアッパー昇格で今は落ち着いています。しかしマーティンが復帰すれば、また持ち場不定になって、無茶苦茶な起用をされそうです。

もう一つ気になるのは、新たな故障者。なぜか誰も気にしていないようですが、近藤が4試合連続でDH起用されているのは、どこか身体上の問題があるんでしょう。いくら栗山が守備軽視でも、レフト横尾、ファースト賢介というフォーメーションが怖いのはわかるはず。ライト近藤、ファースト横尾、DH賢介のほうがいいはずが。

岡大海も、スタメン起用からいきなり登録抹消。みんな不振故と思っているのでしょうが、降格後も二軍の試合にも出ていないんですから、これも故障を疑われます。4/2に先発直後に降格された後、二軍戦での登板がないエスコバーも同様。

一方で復帰してくる選手もいます。中田と大田が二軍戦に登場。オープン戦にも投げていなかった中村勝と新垣も4/16のチャレンジマッチには出場したようです。マーティンも明日には登録できるはずですが、すぐに戻れるでしょうか。中田と大田も早く一軍に登場してほしいですね。中田の場合、復帰早々打ちまくるというのはなさそうですが、レアードは打順を落としてやれば少しは打つでしょう。それと、公文は負のスパイラルに陥っているので、石井裕也と交代させましょう。マーティンの代わりに落とすのは、井口で。

明日からは敵地でのライオンズ3連戦、先発は上沢-菊池、有原-野上、メンドーサ-ウルフ。初戦は敗戦確定。ベストメンバーで打てない雄星を、今の打線で打てるはずがなく、完封負け。上沢はただでさえ被弾癖があるのに、メヒアに苦手意識がありますから、メヒアに打たれるか、メヒアを怖がって浅村・中村剛也にやられるでしょう。来週のホークス戦のほうがよかったと思うんですがね。有原はライオンズ苦手ですし、メンドーサもウルフ相手では分が悪い。メンディと有原を入れ替えれば、Game 2はまだしも勝算があるんですがね。今週もつらい週末になりそうです。ホークスは和田・武田が離脱しましたが、松田・デスパイネが復活してきて、トップバッター今宮というアホ起用もやめて中村晃から始まる打線となりました。前回当たったような貧打線ではなくなるでしょう。よほどの幸運がないと連敗は止められそうにありません。

ライオンズ戦予想
Game 1 F0-3L  〇菊池 ●上沢
Game 2 F2-6L 〇野上 ●有原
Game 3 F1-2L 〇ウルフ ●メンドーサ S増田

迷走采配

対東北楽天ゴールデンイーグルス1~3回戦@Koboパーク宮城
Game 1 F2-3E 〇釜田 ●吉田 S松井裕
Game 2 F2-4E 〇美馬 ●有原 S松井裕
Game 3 F3-4E 〇松井裕 ●鍵谷

はい、今季早くも2度目のカード被3タテ。好調イーグルス相手だけに、当然予測のうちにはありましたが、Game 3は勝てるかもと思っただけに厳しいですね。

初先発の吉田は、ストレートにはいいものがあるようですが、変化球の制球はからきしで、全く打ち取れない。4回までよく粘りましたが、相手がストレートを打ち損じてくれるのを待つだけでは、2巡目以降厳しいのは明らかです。4回まででいっぱいいっぱいだったので、決勝点を許した5回に代えていれば、というのはありますが、ホークス戦で勝パターンが連投していたので、5回から使いたくなかったんでしょうね。どのみちイーグルスのリリーフからは得点できず、勝ちきれなかったであろうことは、Game 3の結果を見れば明らかなので、そこを責めても仕方ないかなと思います。

有原は、悪くはなかったと思いますが、好調イーグルス打線相手には3失点で抑えるのが精一杯でした。「球が高かった」と評する人がいるんですが、有原は昨年前半好調だった時も、球が低めに集まっていた試しなどなく、解説者からは危ない危ないといわれていたんですから、それが原因ではありません。安易な先入観での批判は、何の意味もないですね。

西川のHRで1点差に迫った8回に、いつの間にか上げた井口を投入。レフトへHR風が吹く中、一発病井口に投げさせれば、当然の結果でした。まだ懲りないんですかね。

Game 3、相手先発が岸では最初から敗色濃厚かと思われましたが、メンディ対岸は意外と相性がよく、2015年・2016年で4回対戦して、いずれもファイターズが勝っています。メンディが好投した試合が2試合、KOされたけどライオンズの守備が乱れて逆転した試合が2試合ですが。それでわずかながら期待していたんですが、最後の最後で裏切られました。もっともメンディは、3回までは文句なしでしたが、4回リードした途端に制球が怪しくなりました。4回、5回を1点で切り抜けたのは、ラッキーに助けられた感があります。それなのに6回も続投させて1点差にされたのは、悔やまれるところです。球数だけをみて状態を見ていなかったのか、いつもの出し惜しみ癖か、いずれにしても采配に問題ありです。

打線は3試合とも、HRでしか点が獲れず。今は我慢するしかないと思いますが、イーグルス側はGame 1の岡島のセーフティバントといい、Game 3の嶋のセーフティスクイズといい、何とかしようという必死さが感じられますね。不調だから仕方ないとばかり、漫然と凡退を繰り返すファイターズの選手とは、姿勢が違う気がします。

采配も迷走する一方です。とっかえひっかえスタメンで使って、ヒットが出れば翌日もスタメン、ノーヒットならすぐ代えるという、頭の悪いファンが考えるような采配です。横尾でも森山でも森本でもいいから、少なくとも一週間ぐらいは我慢して使ってみてほしいんですがね。二軍で.163と不振の岸里をスタメンに据える意味もわからないし、森山はたったの5打席で下げてしまう。一方で岡大海は、併殺打あり、走塁死ありで、勝利の男神どころか疫病神になっているのにスタメン継続。守備もあるから代えがたいのかもしれないけど、バントくらいさせてもいいんじゃないですかね。

次はホークスに2連勝と好調のバファローズ。18日(火)に静岡で1試合、20日(木)に東京ドームで1試合の変則日程になります。先発は高梨-ディクソン、加藤-山岡でほぼ決まりでしょう。ディクソン相手には2015年1勝3敗防御率1.38、2016年には5勝0敗防御率7.81と、極端な数字が残っていますが、今年はどうでしょうか。相性がいいのはレアード12-7、2HR、西川10-5、4四球、大谷10-4、1HR、陽と大野が9-3といったところですが、大谷と陽はいないので、西川とレアードに頑張ってもらい、復調のきっかけにしてほしいところです。高梨は昨年バファローズ相手に2試合先発、6試合救援で1勝1敗3.44と、対戦成績はあまりよくありません。なんとか1失点以内で抑えてほしいものです。

まさかの

対福岡ソフトバンクホークス1~3回戦@札幌ドーム
Game 1 F0-3H ○千賀 ●高梨 Sサファテ
Game 2 F4-3H ○加藤 ●武田 S増井
Game 3 F3-2H ○鍵谷 ●バンデンハーク S増井

先発マッチアップからすれば、まだしも勝つ確率が高いと思われた初戦を落として、これは連続3タテかと半ば諦めましたが、そこから連勝で今季初のカード勝ち越し。うれしい限りですが、Game 3の内容では素直に喜べませんね。村田が4回まで1失点に抑えたものの、5四球の不安定なピッチング。今後の起用に迷いそうです。

期待の森山がGame 2で初先発しましたが、3タコと結果が出ませんでした。オープン戦では決勝打2本を放っただけに、持っている選手かと思ったんですが、残念でした。とはいっても、いきなり武田のカーブに対応しろというのは無理な話で、初戦の千賀のストレートを打てるかどうか、スタメンで当ててほしかったですね。Game 3は中田抹消で、まさかの森本スタメン。二軍の四番に座って、打点は稼いでいますが打率は2割そこそこ。どうかと思ったんですが、初打席でヒットを放ち、清水のタイムリーを呼び込みました。横尾がチャンスで全く打てていないだけに、今後のスタメンが続くかもしれません。いきなりのブレークはあるんでしょうか。二軍同様、打率は低くてもチャンスで打ってくれればいいんですが。

まさかと言えば、石川直也が8回セットアッパーとして登板。結果論で文句を言うつもりはありませんが、少なくともGame 2では勝ちパターン投手の登板間隔が空いている反面、石川は登板が多くなっていたので、ここでの起用は疑問でした。しかも、ビハインドの場面では好投していたものの、下位打線とあたっていることが多かったですからね。上位打線との対戦では、メヒアに四球を出して栗山にタイムリーを浴びたライオンズ戦の印象があります。ホークス戦の結果は、2試合とも柳田にHRを打たれ、その後も走者を出して苦しみました。それでも1失点ずつで抑えるあたり、素質は感じますが、デスパイネ以下の不振に助けられた感あり。今後どうするのか、これまた悩ましいところでしょう。

更にもう一つまさかという、明日14日の先発は吉田。エスコバーかと思ったんですがねえ。吉田は二軍では二度先発して、6回2/3 3失点、5回1/3 2失点。大崩れはしていないものの、二度ともイニング途中での交代を余儀なくされており、一軍に呼びたくなる投球ではありません。吉田なら浦野のほうがいいのでは、と思いますが、浦野は一昨年イーグルスには大量失点しており、そこを嫌ったのかもしれません。制球には不安のある吉田ですが、打たれてもいいから四球連発だけはやめてください。打たれたら起用したほうが悪いと、思い切って投げ込んでいってください。

吉田の後はまた有原、メンディでしょうが、有原は正念場でしょう。捕手は清水にして、大胆に内角を攻める投球をしてほしい。安全策でいっても必ずしもうまくいかないのは、前2回の登板でわかっているはずですから。好調イーグルス相手ですが、12日はエース則本で逆転を喰らいましたし、そろそろ揺り戻しが来るころ。何とか勝ち越しましょう。
プロフィール

でんでん

Author:でんでん
30年来のファイターズファンです。北海道日本ハムファイターズの応援、その他あれこれを書いていきます。

無記名や捨てハンでのコメントは、内容のいかんを問わず削除します。自分の言論に責任を取らない人を、相手にするつもりはありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク